研究者紹介
写真



研究紹介

著書論文等全件
氏名
南澤 究
MINAMISAWA Kiwamu
所属
大学院生命科学研究科
生態システム生命科学専攻
環境遺伝生態学講座
地圏共生遺伝生態分野
職名
教授
学位
農学博士
研究分野
  • 植物栄養学・土壌学(土壌微生物学)
  • 応用生物化学
  • 環境農学
全件表示
研究課題
  • 植物内生菌(エンドファイト)の多様性と機能の解明 (2006-)
  • 根粒菌のゲノム生態に関する研究 (2000-)
  • イネ科植物の窒素固定エドファイトの機能解析 (2000-)
全件表示
研究キーワード
共生,植物微生物相互作用,植物内生菌,根粒菌,ゲノム
所属学会
  • 日本微生物生態学会
  • 日本土壌肥料学会
  • 日本土壌微生物学会
全件表示
学会活動・学会役員
    全件表示
    主要著書

    Soil biochemistry (vol. 10).   In: Bollag J-M, Stotzky G (eds).[Marcel Dekker Inc.,( N.Y.),(2000)]Minamisawa K, Mitsui H.


    ビジュアル科学講座、地球の生命6、食う食われる生 物たち.[三友社出版,(2000)]南澤 究


    微生物の資材化:研究の最前線 (鈴井孝仁・他 編).[ソフトサイエンス社,(2002)]南澤 究、遊橋健一


    くらしの中の化学と生物8「人に役立つ微生物の話」 (日本農芸化学会編).[学会出版センター (東京),(2002)]南澤 究


    難培養微生物研究の最新技術ー未利用微生物資源へのアプローチー(工藤俊章/大熊盛他監修).[シーエムシー出版(東京),(2004)]南澤 究


    全件表示
    主要論文

    Mitigation of nitrous oxide emissions from soils by Bradyrhizobium japonicum inoculation.[Nature Climate Change,3,(2013),208-212]Itakura M, Uchida Y, Akiyama H, Takada-Hoshino Y, Shimomura Y, Morimoto S, Tago K, Wang Y, Hayakawa C, Uetake Y, Sa´nchez C, Eda S, Hayatsu M, Minamisawa K.
    10.1038/nclimate1734


    The nitrate-sensing NasST system regulates nitrous oxide reductase and periplasmic nitrate reductase in Bradyrhizobium japonicum.[Environ Microbiol.,16(10),(2014),3263-3274]Sánchez C, Itakura M, Okubo T, Matsumoto T, Yoshikawa H, Gotoh A, Hidaka M, Uchida T, Minamisawa K.
    10.1111/1462-2920.12546


    Metaproteomic Identification of Diazotrophic Methanotrophs and Their Localization in Root Tissues of Field-Grown Rice Plants.[Appl Environ Microbiol.,80(16),(2014),5043-5052]Bao Z, Okubo T, Kubota K, Kasahara Y, Tsurumaru H, Anda M, Ikeda S, Minamisawa K.
    10.1128/AEM.00969-14


    A rice gene for microbial symbiosis, Oryza sativa CCaMK, reduces CH4 flux in a paddy field with low nitrogen input..[Appl. Environ. Microbiol.,80(6),(2014),1995-2003]Bao Z, Watanabe A, Sasaki K, Okubo T, Tokida T, Liu D, Ikeda S, Imaizumi-Anraku H, Asakawa S, Sato T, Mitsui H, and Minamisawa K.


    Low nitrogen fertilization adapts rice root microbiome to low nutrient environment by changing biogeochemical functions..[Microbes Environ.,29(1),(2014),50-59]Ikeda S, Sasaki K, Okubo T, Yamashita A, Terasawa K, Bao Z, Liu D, Watanabe T, Murase J, Asakawa S, Eda S, Mitsui H, Sato T, Minamisawa K.


    全件表示
    主要総説・解説記事

    A milestone for endophyte biotechnology.[Nature Publishing Group Nature Biotechnology,24(11), (2006), 1357-1358]Kiwamu Minamisawa


    根粒菌からみた共生システム.[蛋白質・核酸・酵素,51, (2006)]南澤 究、佐伯和彦、佐藤修正、下田宜司


    農耕地からの地球温暖化ガスN2O発生とその抑制.[水環境学会誌,29(2), (2006), 67-71]南澤 究、犬伏和之


    微生物と植物の共生相互作用の科学 特集:微生物バイオテクノロジー.[学術月報,58(10), (2005), 747-751]南澤 究


    土壌微生物学におけるポストゲノム研究の現状と将来.[日本土壌肥料学雑誌,76(4), (2005), 523-529]福井 学、南澤 究、笠原康裕、町田雅之、早津雅仁、妹尾啓史


    全件表示
    学術関係受賞
    • 日本土壌肥料学会賞(2003)
    • 21世紀発明奨励賞(2011)
    • 日本土壌肥料学会奨励賞(1987)
    全件表示
    報道
      全件表示
      学外の社会活動
        全件表示
        外部機関における活動
          全件表示
          行政機関・企業・NPO等参加
            全件表示
            メールアドレス
            メールアドレス
            データ更新日
            2017.04.30
            Englishこのページのトップへ
            copyright(c)2005 Tohoku University