研究者紹介
写真



著書論文等全件
氏名
安藤 康夫
ANDO Yasuo
所属
大学院工学研究科・工学部
応用物理学専攻
応用界面物理学講座
スピンエレクトロニクス分野
職名
教授
学位
博士(工学)
研究分野
  • 応用物性・結晶工学(磁気物性)
  • 薄膜・表面界面物性
  • 物性II
全件表示
研究課題
  • 強磁性トンネル接合のスピンダイナミクス (2002-)
  • 強磁性トンネル接合の界面状態の研究 (1998-)
  • スピンエンジニアリングのための新材料と新機能 (2004-)
全件表示
研究キーワード
強磁性トンネル接合,スピン注入,界面構造
所属学会
  • 応用物理学会
  • 日本磁気学会
  • 電子情報通信学会
全件表示
学会活動・学会役員
  • 応用物理学会スピントロニクス研究会・委員長(2011-)
  • 応用物理学会・評議委員(2011-)
全件表示
主要著書

全件表示
主要論文

Spin-dependent tunneling spectroscopy in single-crystal Fe/MgO/Fe tunnel junctions.[Appl. Phys. Lett.,87,(2005),142502-1-142502-3]Y. Ando, T. Miyakoshi, M. Oogane, T. Miyazaki, H. Kubota, K. Ando, S. Yuasa
http://hdl.handle.net/10097/34659


Growth mechanism of thin insulating layer in ferromagnetic tunnel junctions prepared using various oxidation methods.[J. Phys. D,35,(2002),2415-2421]Y. Ando, M. Hayashi, S. Iura, K. Yaoita, C.C. Yu, H. Kubota, T. Miyazaki


Local Transport Property on Ferromagnetic Tunnel Junction Measured Using Conductiong Atomic Force Microscope.[Jpn. J. Appl. Phys.,38,(1999),L737-L739]Y. Ando, H. Kameda, H. Kubota and T. Miyazaki


Effect of spin diffusion on Gilbert damping for a very thin Ni80Fe20 layer in Cu/Ni80Fe20/Cu/Pt films.[Phys. Rev. B,66,(2002),104413-1-104413-9]S. Mizukami, Y. Ando, T. Miyazaki
http://hdl.handle.net/10097/35855


Time-resolved magnetization precession and reversal dynamics investigated using tunneling current and Kerr effect.[J. Magn. Magn. Mater.,272-276,(2004),293-294]Y. Ando, H. Nakamura, S. Mizukami, H. Kubota, T. Miyazaki


全件表示
主要総説・解説記事

全件表示
学術関係受賞
  • 応用物理学会優秀論文賞(2012)
全件表示
学外の社会活動
  • 高大連携特別授業(小中高との連携)(2006)
  • 新潟高校特別授業(小中高との連携)(2008)
  • リカレント教育公開講座(公開講座)(2008)
全件表示
外部機関における活動
  • 高機能・超低消費電力スピンデバイス・ストレージ基盤技術の開発プロジェクト(2007-)
全件表示
オープンキャンパス・研究所公開等
    全件表示
    データ更新日
    2016.08.08
    Englishこのページのトップへ
    copyright(c)2005 Tohoku University