研究者紹介
写真



著書論文等全件
氏名
中村 修一
NAKAMURA Shuichi
所属
大学院工学研究科・工学部
応用物理学専攻
応用材料物理学講座
生物物理工学分野
職名
助教
生年月
1981.07
学位
修士(農学)
博士(理学)
研究分野
    全件表示
    研究課題
      全件表示
      研究キーワード
      細胞運動,スピロヘータ,サルモネラ,光学顕微計測,べん毛
      所属学会
        全件表示
        学会活動・学会役員
        • 日本細菌学会 東北支部・地方委員(2018-)
        • 日本生物物理学会 東北支部・会計(2016-2017)
        全件表示
        主要著書

        Methods in Microbiology 1593 “The Bacterial Flagellum, Methods and Protocols”.[Springer,(2017)]Nakamura S and Md. Islam S


        分子マシンの科学 分子の動きとその機能を見る.[株式会社化学同人,(2017)]中村修一


        全件表示
        主要論文

        Implications of coordinated cell-body rotations for Leptospira motility.[Biochem. Biophys. Res. Commun.,491,(2017),1040-1046]Takabe K, Kawamoto A, Tahara H, Kudo S, and Nakamura S


        Load- and polysaccharide-dependent activation of the Na+-type MotPS stator in the Bacillus subtilis flagellar motor.[Sci. Rep.,7,(2017),46081-]Terahara N, Noguchi Y, Nakamura S, Kami-ike N, Ito M, Namba K, and Minamino T


        Viscosity-dependent variations in the cell shape and swimming manner of Leptospira.[Microbiology,163,(2017),153-160]Takabe K, Tahara H, Md. Islam S, Affroze S, Kudo S, and Nakamura S


        A lactose fermentation product produced by Lactococcus lactis subsp. lactis, acetate, inhibits the motility of flagellated pathogenic bacteria..[Microbiology,161,(2015),701-707]Nakamura S, Morimoto YV, Kuso S
        10.1099/mic.0.000031


        Direct measurement of helical cell motion of the spirochete Leptospira.[Biophysical Journal,106,(2014),47-54]Nakamura S., Leshansky A., Magariyama Y., Namba K., S. Kudo.


        全件表示
        主要総説・解説記事

        スピロヘータの形と運動.[日本細菌学雑誌,69, (2014), 527-538]中村修一


        全件表示
        学術関係受賞
          全件表示
          報道
          • 東北大、「レプトスピラ」細菌の運動の仕組みを解明(その他 新聞 日本経済新聞オンライン)(2018)
          • 細菌移動、分子の仕組み解明(その他 新聞 日経産業新聞)(2011)
          • べん毛モーターの方向転換 原子レベルで解明(その他 新聞 日刊工業新聞)(2011)
          全件表示
          メールアドレス
          メールアドレス
          データ更新日
          2019.05.08
          Englishこのページのトップへ
          copyright(c)2005 Tohoku University