研究者紹介
写真



著書論文等全件
氏名
北 浩樹
KITA Hiroki
所属
高度教養教育・学生支援機構
学生支援開発部門
臨床医学開発室
大学院担当
大学院情報科学研究科
応用情報科学専攻
健康情報学講座(協力講座)

職名
助教
学位
博士(歯学)
研究分野
  • 社会系歯学
全件表示
研究キーワード
歯科矯正,口唇裂口蓋裂,先天異常
所属学会
  • 日本矯正歯科学会
  • 日本口蓋裂学会
  • 日本形成外科学会
全件表示
学会活動・学会役員
    全件表示
    主要著書

    歯と口腔の健康 -う蝕,歯周疾患について-.[東北大学保健管理センター,(1998)]北 浩樹


    智歯周囲炎 -腫れると痛い親知らず-.[東北大学保健管理センター,(2011)]北 浩樹


    大学生活と健康情報.[(2017)]北 浩樹


    腸疾患診療の現在.[中山書店,(2017)]木内喜孝,角田洋一,北 浩樹,遠藤克哉


    全件表示
    主要論文

    Alveolar Ridge Notching as a Predictor for Secondary Bone Grafting in Incomplete Alveolar Clefts.[The Cleft Palate-Craniofacial Journal,41(1),(2004),36-41]Kita H, Kochi S, Kamiya N, Yamada A, Mitani H.


    Mandibular Widening by Distraction Osteogenesis in the Treatment of the Constricted Mandible and Resultant Telescopic Bite.[The Cleft Palate-Craniofacial Journal,41(6),(2004),664-673]Kita H, Kochi S, Yamada A, Imai Y, Konno N, Saitou C, Mitani H.


    Rigid External Distraction Using Skeletal Anchorage to Cleft Maxilla United With Alveolar Bone Grafting.[Cleft Palate Craniofac J,42(3),(2005),318-327]Kita H, Kochi S, Imai Y, Yamada A, Yamaguchi T


    Outcome of orthodontic treatment combined with MPA and secondary alveolar bone grafting in UCLP patients.[Interface Oral Health Science. ELSEVIER.,(2005)]Kochi S, Kanetaka H, Kita H, Daimaruya T


    東北大学病院附属歯科医療センター顎口腔機能治療部における口唇裂・口蓋裂患者の統計調査-最近の20年間(1987~2006)について-.[日本口蓋裂学会雑誌,33(3),(2008),322-329]北 浩樹,三谷英稔,中條 哲,幸地省子


    全件表示
    学術関係受賞
    • 日本矯正歯科学会学術大会優秀発表賞(2001)
    • 日本口蓋裂学会優秀ポスター賞(2001)
    全件表示
    学外の社会活動
      全件表示
      メールアドレス
      メールアドレス
      データ更新日
      2018.01.16
      Englishこのページのトップへ
      copyright(c)2005 Tohoku University