研究者紹介
写真



研究紹介

著書論文等全件
氏名
風間 基樹
KAZAMA Motoki
所属
大学院工学研究科・工学部
土木工学専攻
基盤構造材料学講座
地盤工学分野
職名
教授
学位
博士(工学)
研究分野
  • 地盤工学(地盤工学)
  • 構造工学・地震工学・維持管理工学(地震工学)
全件表示
研究課題
  • 土の動力学特性に関する研究 (1994)
  • 基礎地盤の耐震性に関する研究 (1981)
  • 地盤環境問題に関する研究 (1994)
全件表示
研究キーワード
地盤工学,地盤災害,液状化,地盤環境
所属学会
  • 土木学会
  • 地盤工学会
  • 日本地震工学会
全件表示
学会活動・学会役員
  • 地盤工学会・副会長(2014-2016)
  • 土木学会東北支部・商議員(2007-2010)
  • (公社)地盤工学会S&F論文集編集委員会・委員長(2017-)
全件表示
主要著書

埋立地の液状化対策ハンドブック.[(1993)]善 功企,上部達生,井合 進,風間基樹,山崎浩之


Handbook on Liquefaction Remediation of Reclaimed Land.[Balkema,(1997)]Port and Harbour Research Institute Editor


東北地方の地質.[(社)東北建設協会,(2006)]蟹沢聰史,他


全件表示
主要論文

NEW DEVELOPMENTS RELATED TO CLARIFICATION OF THE MECHANISMS OF GROUND DEFORMATION CAUSED BY EARTHQUAKES —IN THE WAKE OF THE GREAT EAST JAPAN EARTHQUAKE—.[Journal of JSCE,5(1),(2017),133-144]Toshihiro NODA, Motoki KAZAMA, Akira ASAOKA
10.2208/journalofjsce.5.1_133


Density Index for Estimating the Postliquefaction Volumetric Strain of Silty Soils.[Internationla Journal of Geomechanics, ASCE,(C4015005),(2015),1-13]Jongkwan Kim, Tadashi Kawai, Motoki Kazama and Tomohiro Mori
10.1061/(ASCE)GM.1943-5622.0000574


Possibility of Postliquefaction Flow failure due to Seepage.[Journal of Geotechnical and Geoenvironmental Engineering,130(7),(2004),707-716]N. Sento, M. Kazama, R. Uzuoka, H. Ohmura, M. Ishimaru
10.1061/(ASCE)1090-0241(2004)130:7(707)


Liquefaction of unsaturated sand considering the pore air pressure and volume compressibility of the soil particle skeleton.[Soils and Foundations,48(1),(2008),87-99]Unno, T., Kazama, M., Uzuoka, R. and Sento, N.
10.3208/sandf.48.87


東日本大震災の液状化被害に見る液状化研究の課題.[日本地震工学会論文集,15(7),(2015),49-59]風間 基樹, 河井 正, 森 友宏, 金 鍾官, 山崎 智哉
10.5610/jaee.15.7_49


全件表示
主要総説・解説記事

全件表示
学術関係受賞
  • 土木学会研究業績賞(2010)
  • 地盤工学会功労賞(2010)
  • 平成19年度土木学会論文賞(2008)
  • 平成11年度土木学会論文賞(2000)
  • 土木学会東北支部 技術開発賞(2003)
全件表示
報道
    全件表示
    学外の社会活動
      全件表示
      行政機関・企業・NPO等参加
      • 国土交通省東北地方整備局(国) 総合評価委員会 委員・港湾部会長(2005-)
      • 宮城県(地方公共団体) 環境審議会 委員(2001-2012)
      • 仙台市(地方公共団体) 仙台市環境影響評価審査会 副会長(2003-2013)
      全件表示
      オープンキャンパス・研究所公開等
        全件表示
        データ更新日
        2017.08.28
        Englishこのページのトップへ
        copyright(c)2005 Tohoku University