研究者紹介
写真



著書論文等全件
氏名
阿子島 香
AKOSHIMA Kaoru
所属
大学院文学研究科・文学部
歴史科学専攻
日本史学講座
考古学分野
職名
教授
埋蔵文化財調査研究室長
学位
人類学博士
文学修士
研究分野
  • 考古学
全件表示
研究課題
  • 旧石器時代の比較文化的研究 (1978-)
  • 石器の使用痕分析 (1978-)
  • アメリカ・プロセス考古学の研究 (1980-)
全件表示
研究キーワード
旧石器時代,石器の使用痕,プロセス考古学
所属学会
  • アメリカ考古学会(Society for American Archaeology)
  • 東北史学会
  • 日本旧石器学会
全件表示
学会活動・学会役員
  • 日本旧石器学会・役員(渉外担当)(2010-)
  • 宮城県考古学会・総務代表幹事(1998-2004)
  • 東北史学会・理事(1991-1999)(1991-1999)
全件表示
主要著書

石器の使用痕.[(1989)] 阿子島香


民族考古学序説.[同成社,(1998)]安斎正人,阿子島香,小林正史,谷正和,溝口孝司,後藤明,ほか4名


仙台市史通史編1原始旧石器時代改訂版.[仙台市,(2005)]「須藤隆」「阿子島香」「吉岡恭平」「他」


東北-その歴史と文化を探る.[東北大学出版会,(2006)]阿子島香,今泉隆雄,長岡龍作,高橋章則


考古学―その方法と現状―.[放送大学教育振興会,(2009)]泉拓良、上原真人、阿子島香、他2名


全件表示
主要論文

MICROWEAR PATTERNS AND DISTRIBUTIONAL VARIABILITY IN TERMINAL PALAEOLITHIC SITE STRUCTURE.[Ph. D. DISSERTATION, UNIV. OF NEW MEXICO,(1993)] Kaoru Akoshima


ドゥフォール岩陰の彼方にー石器群の空間分布と人間活動ー.[歴史,(84),(1995),1-29]阿子島香


Terminal Pleistocene Adaptations in Pyrenean France : The Nature and Role of the Abri Dufaure Site (Sorde L'Abbay, Les Landes)..[World Archaeology,19(3),(1988),328-348]L.G.Straus,K.Akoshima,M.D.Petraglia,M.Seronie-Vivien


Analyse des Structures D'Habitat de la Couche 4..[Les Derniers Chasseurs de Rennes du Monde Pyreneen, L'Abri Dufaure:Un Gisement Tardiglaciaire en Gascogne. Memoire de la Societe Prehistorique Francaise.,22,(1995),165-180] Kaoru Akoshima


1988年の動向・北アメリカープロセス考古学1988:研究伝統と社会.[考古学ジャーナル,(305),(1989),158-170]阿子島 香


全件表示
主要総説・解説記事

全件表示
学外の社会活動
    全件表示
    行政機関・企業・NPO等参加
    • 仙台市市民文化事業団(地方公共団体) 理事(2004-)
    • 宮城県(地方公共団体) 文化財保護審議会 委員(2008-)
    • 仙台市史編纂室(地方公共団体) 調査分析委員(2003-2005)
    全件表示
    オープンキャンパス・研究所公開等
    • サイエンスカフェ(旧石器時代へタイムスリップ)(公開授業・講演)(2009)
    • 総合学術博物館ミュージアムトーク(サハリン調査・その後の70年)(公開授業・講演)(2009)
    全件表示
    データ更新日
    2008.03.25
    Englishこのページのトップへ
    copyright(c)2005 Tohoku University