研究者紹介
写真



著書論文等全件
氏名
田中 一之
TANAKA Kazuyuki
所属
大学院理学研究科・理学部
数学専攻
職名
教授
学位
Ph.D.
理学修士
研究分野
  • 数学一般(含確率論・統計数学)(数学基礎論)
全件表示
研究課題
  • 証明可能性の相転移と逆数学の超臨界 (2015-2020)
  • ランダム性の計算的諸相と超準的手法 (2011-2015)
  • 超準解析と計算可能性理論の融合 (2007-2011)
全件表示
研究キーワード
数学基礎論, 数理論理学, 計算可能性理論
所属学会
  • 日本数学会
  • 記号論理学会 Association for Symbolic Logic
  • 科学基礎論学会
全件表示
学会活動・学会役員
    全件表示
    主要著書

    チューリングと超パズル.[東京大学出版会,(2013)]田中一之


    ゲーデルに挑む.[東京大学出版会,(2012)]田中一之


    ゲーデルの定理.[みすず書房,(2011)]Torkel Franzen(原著), 田中一之(訳)


    ゲーデルと20世紀の論理学(ロジック)1 ゲーデルの20世紀.[東京大学出版会,(2006)]田中一之,田中尚夫,鈴木登志雄,飯田隆,竹内外史,八杉満利子


    数の体系と超準モデル.[(2002)]田中 一之


    全件表示
    主要論文

    A non-standard construction of Haar measure and WKLo.[Journal of Symbolic Logic,65(1),(2000),173-186]K. Tanaka, T. Yamazaki


    Some conservation results on weak Koenig's lemma.[Ann. Pure Applied Logic,118,(2002),87-114]S.Simpson, K.Tanaka, T.Yamazaki,


    The strong soundness theorem for real closed fields and Hilbert's Nullstellensatz in second order arithmetic.[Archive for Math. Logic,43(3),(2004),337-349]N. Sakamoto, K. Tanaka


    Eigen-Distribution on Random Assignments for Game Trees.[Information Processing Letters,142(2),(2007),73-77]C. Liu, K. Tanaka


    Δ03-determinacy, comprehension and induction.[Journal of Symbolic Logic,72(2),(2007),452-462]M. O. MedSalem, K. Tanaka


    全件表示
    主要総説・解説記事

    全件表示
    学外の社会活動
      全件表示
      外部機関における活動
        全件表示
        データ更新日
        2018.09.29
        Englishこのページのトップへ
        copyright(c)2005 Tohoku University