研究者紹介
写真



研究紹介

著書論文等全件
氏名
中山 亨
NAKAYAMA Toru
所属
大学院工学研究科・工学部
バイオ工学専攻
応用生命化学講座
職名
教授
学位
農学博士
研究分野
  • 生物機能・バイオプロセス
  • 機能生物化学
全件表示
研究課題
  • 新規な生化学反応の探索と応用 (1994-)
  • 酵素の構造解析と分子デザイン (1998-)
  • 高等植物における代謝調節と細胞内情報伝達の機構解明 (2005)
全件表示
研究キーワード
酵素学, 応用微生物学, 植物2次代謝
所属学会
  • 日本生物工学会
  • 日本植物細胞分子生物学会
  • 日本農芸化学会
全件表示
学会活動・学会役員
  • 日本生物工学会・本部理事(2009-)
  • The Journal of Biochemistry (日本生化学会)・Associate Editor (Biochemistry)(2010-)
  • Plant & Cell Physiology(日本植物生理学会)・Editorial Board Member(2011-2014)
全件表示
主要著書

構造生物学 —ポストゲノム時代のタンパク質研究—.[共立出版,(2007)]倉光成紀,杉山政則 編


タンパク質科学.[化学同人,(2005)]後藤祐児,桑島邦博,谷澤克行 編 他57名執筆


新版 ライフサイエンス系の高分子化学.[(2010)]宮下徳治 編著 正田晋一郎,中山 亨,末永智一,西野徳三,野澤庸則,門川淳一,大友征宇,山田 弘 共著


酵素 利用技術体系 -基礎・解析から改変・高機能化・産業利用まで-.[(2010)]小宮山 真 監修 秋吉 一成,津本浩平,中村 聡,中山 亨 編集
ISBN978-4-86043-271-3


植物色素研究法(III章 色素生合成および遺伝子解析).[(2004)]植物色素研究会編


全件表示
主要論文

Aureusidin synthase: A polyphenol oxidase homolog responsible for flower coloration..[Science,290,(2000),1163-1166]T. Nakayama, K. Yonekura-Sakakibara, T. Sato, S. Kikuchi, Y. Fukui, M. Fukuchi-Mizutani, T. Ueda, M. Nakao, Y. Tanaka, T. Kusumi, T. Nishino


Localization of a flavonoid biosynthetic polyphenol oxidase in vacuoles.[Plant J.,45,(2006),133-143]Ono, E., Hatayama, M., Isono, Y., Sato, T., Watanabe, R., Yonekura-Sakakibara, K., Mizutani, M., Tanaka, Y., Kusumi, T., Nishino, T., Nakayama, T.


Yellow flowers generated by expression of the aurone biosynthetic pathway.[Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America,103,(2006),11075-11080]Eiichiro Ono, Masako Fukuchi-Mizutani, Noriko Nakamura, Yuko Fukui, Keiko Yonekura-Sakakibara, Masaatsu Yamaguchi, Toru Nakayama, Takaharu Tanaka, Takaaki Kusumi, and Yoshikazu Tanaka


An Isoflavone Conjugate-hydrolyzing beta-Glucosidase from the Roots of Soybean (Glycine max) Seedlings: PURIFICATION, GENE CLONING, PHYLOGENETICS, AND CELLULAR LOCALIZATION.[The Journal of Biological Chemistry,281,(2006),30251-30259]Hirokazu Suzuki, Seiji Takahashi, Ryoko Watanabe, Yusuke Fukushima, Naoki Fujita, Akio Noguchi, Ryusuke Yokoyama, Kazuhiko Nishitani, Tokuzo Nishino, and Toru Nakayama


Structural and Mutational Studies of Anthocyanin Malonyltransferases Establish the Features of BAHD Enzyme Catalysis.[The Journal of Biological Chemistry,282,(2007),15812-15822]Hideaki Unno, Fumiko Ichimaida, Hirokazu Suzuki, Seiji Takahashi, Yoshikazu Tanaka, Atsushi Saito, Tokuzo Nishino, Masami Kusunoki, and Toru Nakayama


全件表示
主要総説・解説記事

Molecular Breeding of Novel Yellow Flowers by Engineering the Aurone Biosynthetic Pathway.[Transgenic Plant Journal,1, (2007), 66-80]Eiichiro Ono, Toru Nakayama


アントシアニングリコシル基転移酵素の進化と機能 特異性と普遍性.[化学と生物,43, (2005), 142-145]中山 亨


植物アシル基転移酵素ファミリー.[生化学,77, (2005), 343-347]中山 亨


Anthocyanin acyltransferases: specificities, mechanism, phylogenetics, and applications.[Journal of Molecular Catalysis B: Enzymatic,23, (2003), 117-132]Toru Nakayama, Hirokazu Suzuki, Tokuzo Nishino


Enzymology of Aurone Biosynthesis.[JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING,94, (2002), 487-461]Toru Nakayama


全件表示
学術関係受賞
  • 日本生物工学会第37回斎藤賞(2001)
  • 日本化学会年会ポスター賞(2001)
  • 第4回生体触媒化学シンポジウム ポスター賞(2001)
  • 酵素応用シンポジウム 第3回研究奨励賞(2002)
全件表示
報道
  • ブドウのフラボノール 健康維持機能の遺伝子 東北大など 2つの酵素で発見(出演・執筆 新聞 日経産業新聞)(2010)
  • ブドウの健康機能の違い 二つの糖転移酵素が関与 東北大-サントリーグループが解明(出演・執筆 新聞 化学工業日報)(2010)
全件表示
学外の社会活動
    全件表示
    外部機関における活動
      全件表示
      オープンキャンパス・研究所公開等
        全件表示
        メールアドレス
        メールアドレス
        データ更新日
        2017.08.28
        Englishこのページのトップへ
        copyright(c)2005 Tohoku University