研究者紹介
写真



研究紹介

著書論文等全件
氏名
今野 豊彦
KONNO Toyohiko
所属
金属材料研究所
不定比化合物材料学研究部門
大学院担当
大学院工学研究科・工学部
知能デバイス材料学専攻

職名
教授
副所長、評議員、先端電子顕微鏡センター長
学位
Ph.D.(学術博士)
M.Sc.(工学修士)
研究分野
    全件表示
    研究課題
      全件表示
      研究キーワード
      金属物性、電子顕微鏡
      所属学会
        全件表示
        学会活動・学会役員
          全件表示
          主要著書

          物質の対称性と群論.[共立出版(株),(2001)]今野豊彦


          物質からの回折と結像.[共立出版(株),(2003)]今野豊彦


          金属材料の最前線.[(2009)]今野豊彦、井上明久、折茂慎一、後藤孝、佐々木孝彦、高梨弘毅、中嶋一雄、古原忠、正橋直哉
          ISBN978-4-06-257643-7


          続 入門鉄鋼分析技術.[(社)日本鉄鋼協会,(2007)]今野豊彦


          全件表示
          主要論文

          Crystallization of Silicon in Aluminum/Amorphous Silicon Multilayers.[Philos. Mag.,B66,(1992),749-765]T.J. Konno and R. Sinclair


          Crystallization of Amorphous Carbon in Carbon-Cobalt Layered Thin Films.[Acta Metall. Mater.,43,(1995),471-484]T.J. Konno and R. Sinclair


          Metal-Mediated Crystallization of Amorphous Germanium in Germanium-Silver Layered Systems.[Philos. Mag.,B71,(1995),179-199]T.J. Konno and R. Sinclair


          Guinier-Preston observed by high-angle annular detector dark-field scanning transmission electron microscopy.[Phil. Mag. B,81,(2001),1713-1724]T.J.Konno, M.Kawasaki and K.Hiraga


          State of two-dimensional long-period superstructure in the metastable Fe-Nb-B phase.[Phil.Mag.,86,(2006),1427-1441]T.J. Konno, M. Uehara and S. Hirosawa


          全件表示
          主要総説・解説記事

          Stanford 大学の教育システムに思う.[まてりあ,33, (1994), 886]今野豊彦


          一般公開と若者の理系・材料系離れを思う.[まてりあ,40, (2001), 746]今野豊彦


          男女共同参画学協会連絡会アンケート結果速報.[まてりあ,43, (2004), 921-]御手洗容子、米永一郎、黒田光太郎、今野豊彦


          TEM像の解釈(Ⅰ).[(2008)]今野豊彦


          TEM像の解釈(Ⅱ).[(2008)]今野豊彦


          全件表示
          学術関係受賞
            全件表示
            報道
              全件表示
              学外の社会活動
              • 社会人の学び直しニーズ対応教育推進プログラム(講演会・セミナー)(2009)
              • 学都仙台コンソーシアム市民講座(公開講座)(2008)
              • 岸和田市ものづくり講演会(講演会・セミナー)(2008)
              全件表示
              オープンキャンパス・研究所公開等
                全件表示
                データ更新日
                2017.04.18
                Englishこのページのトップへ
                copyright(c)2005 Tohoku University