研究者紹介
写真



研究紹介

著書論文等全件
氏名
石井 敦
ISHII Atsushi
所属
東北アジア研究センター
基礎研究部門
日本・朝鮮半島研究分野
大学院担当
大学院環境科学研究科
先端環境創成学専攻


大学院文学研究科・文学部
人間科学専攻

職名
准教授
環境科学研究科環境科学・政策論分野准教授
学位
経済学修士(経済学)
研究分野
    全件表示
    研究キーワード
    国際環境問題,科学アセスメント,科学社会学,外交科学,越境大気汚染,炭素隔離技術,国際漁業資源ガバナンス
    所属学会
      全件表示
      学会活動・学会役員
        全件表示
        主要著書

        クジラコンプレックス:捕鯨裁判の勝者はだれか.[東京書籍,(2015)]石井敦,真田康弘
        ISBN978-4487809257


        解体新書「捕鯨論争」.[新評論,(2011)]石井敦
        ISBN978-4794808707


        The Social Dynamics of Carbon Capture and Storage: Understanding CCS Representations, Governance and Innovation.[Routledge,(2012)]Nils Markusson,Atsushi Ishii,Jennie C. Stephens
        ISBN978-1-84971-315-3


        農林水産の経済学.[中央経済社,(2015)]石井敦


        全件表示
        主要論文

        An Alternative Explanation of Japan’s Whaling Diplomacy in the Post-Moratorium Era.[Journal of International Wildlife Law and Policy,10(1),(2007),55-87]Atsushi Ishii,Ayako Okubo
        10.1080/13880290701229911


        Scientists Learn not only Science but also Diplomacy: Learning Processes in the European Transboundary Air Pollution Regime.[Governing the Air: Science-Policy-Citizens Dynamics in International Environmental Governance,(2011)]Atsushi Ishii


        外交の文脈を取り込む科学研究――外交科学(ディプロマトリ・サイエンス)モデルの構築とその政策的含意――.[年報 科学・技術・社会,14,(2005),39-61]石井敦


        国際捕鯨委員会における不確実性の管理:実証主義から管理志向の科学へ.[科学技術社会論研究,(3),(2004),104-115]大久保彩子,石井敦


        Merging the European Acidification Strategy: Evaluating the 1999 Gothenburg Protocol to Abate Acidification, Eutrophication and Ground-level Ozone.[Review of European Community and International Environmental Law,10(2),(2001),210-226]Atsushi Ishii
        10.1111/1467-9388.00277


        全件表示
        主要総説・解説記事

        全件表示
        学術関係受賞
          全件表示
          報道
          • 捕鯨問題 日本の戦略 東北大准教授 石井敦氏に聞く(出演・執筆 新聞 共同通信 配信)(2008)
          • クローズアップ現代「二酸化炭素を回収せよ~切り札となるか 地下貯蔵~」(出演・執筆 テレビ NHK)(2008)
          全件表示
          学外の社会活動
            全件表示
            オープンキャンパス・研究所公開等
              全件表示
              SNSなどのアカウント等
              SNSなどのアカウント等
              データ更新日
              2017.06.09
              Englishこのページのトップへ
              copyright(c)2005 Tohoku University