研究者紹介
写真



著書論文等全件
氏名
山本 英明
YAMAMOTO Hideaki
所属
材料科学高等研究所
ソフトマテリアル
職名
助教
学位
博士(工学)
研究分野
  • ナノ材料・ナノバイオサイエンス
  • 生体生命情報学
全件表示
研究課題
  • 有機シラン分子に関連する分子力場パラメータの決定 (2004-2005)
  • SiO2基板上の有機シラン単分子膜の大規模構造モデルの作製 (2005-2009)
  • 有機シラン単分子膜のフッ酸耐性の分子機構に関する研究 (2007-2009)
全件表示
研究キーワード
半導体プロセス, ナノ加工, 表面工学, バイオインターフェース, 自己組織化単分子膜, 培養神経細胞, 神経ネットワーク, バイオエレクトロニクス
所属学会
  • 応用物理学会
  • 日本表面科学会
  • 日本神経科学学会
全件表示
学会活動・学会役員
    全件表示
    主要論文

    Ultrasoft silicone gel as a biomimetic passivation layer in inkjet‐printed 3D MEA devices.[Advanced Biosystems,3(9),(2019),1900130-]Yamamoto H, Grob L, Sumi T, Oiwa K, Hirano-Iwata A, Wolfrum B
    10.1002/adbi.201900130


    Impact of modular organization on dynamical richness in cortical networks..[Science Advances,4(11),(2018),eaau4914-]Yamamoto H, Moriya S, Ide K, Hayakawa T, Akima H, Sato S, Kubota S, Tanii T, Niwano M, Teller S, Soriano J, Hirano-Iwata A
    10.1126/sciadv.aau4914


    Unidirectional signal propagation in primary neurons micropatterned at a single-cell resolution.[Appl Phys Lett,109,(2016),043703-]*Yamamoto H, Matsumura R, Takaoki H, Katsurabayashi S, Hirano-Iwata A, Niwano M.
    10.1063/1.4959836


    Size-dependent regulation of synchronized activity in living neuronal networks.[Phys Rev E,94(1),(2016),012407-]*Yamamoto H, Kubota S, Chida Y, Morita M, Moriya S, Akima H, Sato S, Hirano-Iwata A, Tanii T, Niwano M.
    10.1103/PhysRevE.94.012407


    Differential neurite outgrowth is required for axon specification by cultured hippocampal neurons.[J Neurochem,123(6),(2012),904-910]*Yamamoto H, Demura T, Morita M, Banker GA, Tanii T, Nakamura S.
    10.1111/jnc.12001


    全件表示
    主要総説・解説記事

    光触媒作用を用いた液中表面改質による培養神経細胞の操作.[表面科学,37(5), (2016), 224-229]山本英明, 平野愛弓, 谷井孝至, 庭野道夫


    機能性分子のナノパターニングによる生体分子の検出/細胞操作.[Molecular Electronics and Bioelectronics,24(4), (2013), 266-271]山本英明, 谷井孝至


    全件表示
    学術関係受賞
    • 第23回青葉工学研究奨励賞(2017)
    • トーキン財団奨励賞(2017)
    全件表示
    ホームページ
    http://www.riec.tohoku.ac.jp/~hir-lab/
    データ更新日
    2019.09.14
    Englishこのページのトップへ
    copyright(c)2005 Tohoku University