研究者紹介
写真



著書論文等全件
氏名
大野 晋
OHNO Susumu
所属
災害科学国際研究所
災害リスク研究部門
地域地震災害研究分野
大学院担当
大学院工学研究科・工学部
都市・建築学専攻

職名
准教授
研究分野
    全件表示
    研究課題
    • 地域性を考慮した地震動評価法の開発 (2004-)
    • 直下地震の地震動特性に関する研究 (1988-)
    • リアルタイム地震防災 (2004-)
    全件表示
    研究キーワード
    強震動,直下地震,地震波伝播,リアルタイム地震防災
    所属学会
      全件表示
      学会活動・学会役員
      • 日本建築学会振動運営委員会・委員(2011-)
      • 日本建築学会地盤震動小委員会・委員(2004-)
      • 日本建築学会強震観測小委員会・委員(2013-)
      全件表示
      主要著書

      2016年台湾・美濃地震災害調査報告書.[日本建築学会,(2017)]壁谷澤寿海, 勅使川原正臣,楠浩一,中村聡宏,大野晋ほか


      地盤震動と強震動予測 −基本を学ぶための重要項目−.[日本建築学会,(2016)]山中浩明,大野晋,他
      ISBN978-4-8189-0634-1


      東日本大震災合同調査報告 共通編1 地震・地震動.[日本地震工学会,(2014)]大野晋,他


      東日本大震災を分析する1 地震・津波のメカニズムと被害の実態.[明石書店,(2013)]大野晋,他


      Preliminary Reconnaissance Report of the 2011 Tohoku-Chiho Taiheiyo-Oki Earthquake.[Springer,(2012)]Hiroshi Kawase, Masato Motosaka, Susumu Ohno, et al.


      全件表示
      主要論文

      Ground Motion Prediction Equation Applicable to Mega Earthquakes Considering Strong-Motion Generation Areas.[Proceedings of 16WCEE,(2017),2685-]Susumu Ohno


      Development of Structural Health Monitoring System combined with Earthquake Early Warning System for Real-time Earthquake Information Navigation.[Proceedings of 16WCEE,(2017),803-]Masato Motosaka, Susumu Ohno, Kazuya Mitsuji, Xin Wang, Tomoki Hatakeyama


      Real-time Strong Motion Network with Structural Monitoring Function in Ulaanbaatar, Mongolia.[Proceedings of 16WCEE,(2017),1401-]Tsoggerel Tsamba, Masato Motosaka, Susumu Ohno, Dashjamts Dalai, Ninjgarav Enebish, Battulga Batkhuu


      東北地方太平洋沖地震の強震記録の距離減衰特性と地震動評価式の適用.[日本地震工学会論文集,16,(2016),4_1-4_10]大野晋
      10.5610/jaee.16.4_2


      東北地方太平洋沖地震における仙台市悉皆調査区域の地震動と建物振動被害の関係の検討 .[日本地震工学会論文集 ,16(3),(2016),3_201-3_212]大野晋,柴山明寛,濱岡恭太,吉村真悟
      10.5610/jaee.16.3_201


      全件表示
      主要総説・解説記事

      東北地方太平洋沖地震の強震記録の距離減衰特性と地震動評価式の適用.[日本地震工学会 日本地震工学会論文集,16(4), (2016), 4_2-4_11]大野晋
      10.5610/jaee.16.4_2


      全件表示
      報道
        全件表示
        学外の社会活動
          全件表示
          行政機関・企業・NPO等参加
            全件表示
            データ更新日
            2017.09.29
            Englishこのページのトップへ
            copyright(c)2005 Tohoku University