研究者紹介
写真



著書論文等全件
氏名
榎本 賢
ENOMOTO Masaru
所属
大学院農学研究科・農学部
生物産業創成科学専攻
天然物生物機能科学講座
生物有機化学分野
大学院担当
大学院農学研究科・農学部
生物産業創成科学専攻
天然物生物機能科学講座
生物有機化学分野

職名
准教授
学位
農学博士
研究分野
    全件表示
    研究キーワード
    天然物化学, 有機合成化学, ナノケミストリー
    所属学会
    • 日本農芸化学会
    • 有機合成化学協会
    全件表示
    学会活動・学会役員
      全件表示
      主要論文

      Bioinspired Total Synthesis of Delitschiapyrone A.[Organic Letters,20,(2018),4645-4648]Kazuki Kurasawa, Eunsang Kwon, Shigefumi Kuwahara, Masaru Enomoto*
      10.1021/acs.orglett.8b01932


      A mannose-recognizable chemosensor using gold nanoparticles functionalized with pradimicin, a nonpeptidic mannose-binding natural product.[Tetrahedron,71,(2015),2603-2609]Masaru Enomoto*, Yasuhiro Igarashi, Masahide Sasaki and Hiroki Shimizu
      10.1016/j.tet.2015.03.055


      Total Synthesis of the Tremorgenic Indole Diterpene Paspalinine..[Angewandte Chemie International Edition,51,(2012),12833-12836]Masaru Enomoto, Akira Morita, Shigefumi Kuwahara
      10.1002/anie.201206299


      Total synthesis of bacilosarcins A and B.[Angewandte Chemie International Edition,48(6),(2009),1144-1148]Masaru Enomoto, Shigefumi Kuwahara
      10.1002/anie.200804571
      http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19117003


      全件表示
      主要総説・解説記事

      クラスター効果を利用した創薬研究.[有機合成化学協会 有機合成化学協会誌,73(4), (2015), 388-389]榎本賢


      学会見聞記 日本農芸化学会大会.[バイオインダストリー協会 バイオサイエンスとインダストリー,72, (2014), 317-326]大坪嘉行、此木敬一、榎本賢、後藤知子、新谷尚弘、米山裕、木村ふみ子、高橋征司、井上奈穂、二井勇人


      特異な環構造を有する含窒素生物活性天然物の全合成研究.[化学工業社 化学工業,62, (2011), 628-632]榎本賢,桑原重文


      学会見聞記 日本農芸化学会大会.[バイオインダストリー協会 バイオサイエンスとインダストリー,68, (2010), 259-268]3. 七谷圭、新谷尚弘、後藤知子、白川仁、都築毅、榎本賢、此木敬一、小関卓也、日出間志寿、稲葉靖子、宮内啓介、矢部富雄


      極めて特異な複素環構造を有するバシロサルシンAおよびBの全合成.[日本農芸化学会 化学と生物,47(11), (2009), 804-808]榎本 賢, 桑原重文


      全件表示
      学術関係受賞
      • BBB Most-cited Paper Award 2012(2012)
      • 平成23年度日本農芸化学会東北支部若手奨励賞(2011)
      • The 1st IREMC (Global COE) International Symposium Poster Award(2008)
      • 平成18年度東北大学総長賞(2007)
      • 平成16年度東北大学総長賞(2005)
      全件表示
      学外の社会活動
        全件表示
        メールアドレス
        メールアドレス
        データ更新日
        2019.06.06
        Englishこのページのトップへ
        copyright(c)2005 Tohoku University