研究者紹介
写真



研究紹介

著書論文等全件
氏名
海保 邦夫
KAIHO Kunio
所属
大学院理学研究科・理学部
地学専攻
職名
教授
研究分野
  • 層位・古生物学(古生物学)
  • 層位・古生物学(有機地球化学)
全件表示
研究課題
  • 大進化大絶滅の原因とプロセスの研究 (2013-)
  • 多細胞生物萌芽期の生態系と酸素環境の激変解読 (2010-)
  • 大量絶滅時の生命環境変動 (1990-)
全件表示
研究キーワード
大量絶滅、大進化、温暖化事変,海洋貧酸素事変,硫黄同位体比,バイオマーカー,炭素同位体比,酸素同位体比,有孔虫化石
所属学会
    全件表示
    学会活動・学会役員
      全件表示
      主要著書

      現代地球科学入門シリーズ15、地球と生命:地球環境と生物圏進化.[共立出版,(2011)]掛川 武・海保邦夫


      全件表示
      主要論文

      Benthic foraminiferal dissolved oxygen index and dissolved oxygen levels in the modern ocean.[Geology,22,(1994),719-722]Kaiho, K.


      Global climate change driven by soot at the K-Pg boundary as the cause of the mass extinction.[Scientific Reports,6(28427),(2016)]Kaiho, K., Naga Oshima, Kouji Adachi, Yukimasa Adachi, Takuya Mizukami, Megumu Fujibayashi, Ryosuke Saito
      10.1038/srep28427


      Catastrophic extinction of planktonic foraminifera at the Cretaceous-Tertiary boundary evidenced by stable isotopes and foraminiferal abundance at Caravaca, Spain.[Geology,27,(1999),355-358]Kaiho, K. and Lamolda, M. A.


      Effects of soil erosion and anoxic–euxinic ocean in the Permian–Triassic marine crisis.[Heliyon,2(e00137),(2016)]Kaiho, K., Saito, R., Ito, K., Miyaji, T., Biswas, R., Tian, L., Sano, H., Shi, Z., Takahashi, S., Tong, J., Liang, L., Oba, M., Nara, F.W., Tsuchiya, N., Chen, Z.Q.


      Oceanic primary productivity and dissolved oxygen levels at the Cretaceous/Tertiary boundary* Their decrease,subsequent warming, and recovery.[Paleoceanography,14,(1999),511-524]Kaiho, K., Kajiwara, Y., Tazaki, K., Ueshima, M., Takeda, N., Kawahata, H., Arinobu, T., Ishiwatari, R., Hirai, A., and Lamolda, M. A.


      全件表示
      学術関係受賞
        全件表示
        報道
        • Nature, science update, で研究成果の報道(出演・執筆 雑誌)(2001)
        • すすが恐竜の絶滅を起こした(資料提供 雑誌 Time, The New Yorkerなど約20件)(2016)
        • イギリスBBCから電話取材(出演・執筆 テレビ)(2001)
        全件表示
        学外の社会活動
          全件表示
          外部機関における活動
            全件表示
            オープンキャンパス・研究所公開等
              全件表示
              データ更新日
              2017.10.13
              Englishこのページのトップへ
              copyright(c)2005 Tohoku University