研究者紹介
写真



研究紹介

著書論文等全件
氏名
冬木 勝仁
FUYUKI Katsuhito
所属
大学院農学研究科・農学部
資源生物科学専攻
資源環境経済学講座
国際開発学分野
大学院担当
大学院国際文化研究科
国際文化研究専攻
国際環境資源政策論講座

職名
准教授
生年月
1962.12
学位
博士(農学)
経済学修士
研究分野
  • 農業経済学
  • 経済政策
  • 商学
全件表示
研究課題
  • 日本の米流通及び食糧政策に関する研究 (1990-)
  • アグリビジネスとアメリカ合衆国の農業政策との関係についての研究 (1987-)
  • 多国籍アグリビジネスと世界の食糧・農業問題に関する研究 (1987-)
全件表示
研究キーワード
米流通,アグリビジネス,食料政策,農業政策
所属学会
  • 日本農業経済学会
  • 日本農業市場学会
  • 日本農業経営学会
全件表示
学会活動・学会役員
  • 日本農業市場学会・理事(1996-)
  • 日本農業経済学会・論文審査委員(1998-)
  • 日本農業市場学会・論文審査委員(1998-)
全件表示
主要著書

復興の息吹き-人間の復興・農林漁業の再生.[農山漁村文化協会,(2012)]冬木勝仁


グローバリゼーション下のコメ・ビジネス-流通の再編方向を探る-.[日本経済評論社,(2003)]冬木勝仁


現代の食とアグリビジネス.[有斐閣,(2004)]冬木勝仁


全件表示
主要論文

Agricultural Recovery Efforts in Tsunami-Damaged Areas: Case Studies.[THE GREAT EASTERN JAPAN EARTHQUAKE 11 MARCH 2011 – LESSONS LEARNED AND RESEARCH QUESTIONS,(2014),46-51]Katsuhito Fuyuki


米の需給調整と国の責任.[農業と経済,82(11),(2016),6-13]冬木勝仁


Evaluation of Indonesia’s Rice Program: Comparative Analysis of Budget Efficiency using Provincial Data.[農業経済研究報告,(48),(2017),24-39]Debby DAYUSITA, Katsuhito FUYUKI


Food Safety and Consumer Behavior in India and Japan: Comparative Literature Review.[農業経済研究報告,(48),(2017),84-96]Rajaram DHIVYA, Nina TAKASHINO, Katsuhito FUYUKI


CSR and Environmental Security: Evidence from Tin Mining in West Bangka District, Indonesia.[農業経済研究報告,(48),(2017),52-64]Asti Amelia NOVITA, Katsuhito FUYUKI


全件表示
主要総説・解説記事

地域農業・家族経営の力を発揮して「農政改革」をはね返そう.[全国農民運動連合会 農民,(71), (2015), 12-19]冬木勝仁


新たな米政策の下で安定的取引は可能か-行政の責任による需給の安定こそが前提になる-価格低下もたらす出荷業者の売り急ぎ.[北海道協同組合通信社 ニューカントリー,62(7), (2015), 22-25]冬木勝仁


米の安定取引に向けた課題-買い手側に立つ農水省報告-.[全国農業会議所 全国農業新聞,(2923), (2015), 3]冬木勝仁


全件表示
学術関係受賞
  • 日本農業市場学会賞(2004)
  • 日本農業市場学会奨励賞(川村・美土路賞)(1996)
全件表示
報道
    全件表示
    学外の社会活動
      全件表示
      行政機関・企業・NPO等参加
      • 公益財団法人 みやぎ環境とくらしネットワーク(NPO) 理事会 理事(2001-)
      • みやぎ生活協同組合(民間企業) 理事会 理事(2002-)
      • 東北大学生活協同組合(民間企業) 副理事長(2006-)
      全件表示
      オープンキャンパス・研究所公開等
      • 東北大学オープンキャンパス(実施)(2001-)
      • 東北大学オープンキャンパス(公開授業・講演)(2014)
      全件表示
      メールアドレス
      メールアドレス
      データ更新日
      2017.05.20
      Englishこのページのトップへ
      copyright(c)2005 Tohoku University