研究者紹介
写真



研究紹介

著書論文等全件
氏名
木口 賢紀
KIGUCHI Takanori
所属
金属材料研究所
不定比化合物材料学研究部門
大学院担当
大学院工学研究科・工学部
知能デバイス材料学専攻

職名
准教授
学位
博士(工学)
学士(工学)
研究分野
  • 無機材料・物性
  • 薄膜・表面界面物性
  • 応用物性・結晶工学
全件表示
研究課題
  • 強誘電体薄膜における組成相境界形成に及ぼす弾性場の効果の微視的起源の解明 (2018-)
  • リラクサー薄膜における歪み誘起相安定性 (2009-)
  • 局所構造ゆらぎの増強による新奇リラクサー材料の創製 (2019-)
全件表示
研究キーワード
電子顕微鏡,電子エネルギー損失分光,酸化物,半導体,誘電体,Mg合金,LPSO,薄膜,セラミックス
所属学会
  • 日本顕微鏡学会
  • 日本セラミックス協会
  • 日本金属学会
全件表示
学会活動・学会役員
    全件表示
    主要著書

    LPSO型マグネシウム合金の材料科学.[日経BPコンサルティング,(2018)]古原忠, 木口 賢紀 他
    ISBN978-4-86443-128-6


    XAFS/EELSによる 局所構造解析 テクニック.[情報機構,(2014)]木口賢紀 他


    注目の誘電体セラミックス材料(2) 強誘電体薄膜の合成とデバイス開発.[tic,(2014)]脇谷尚樹,篠崎和夫,木口賢紀,山田智明,水谷惟恭


    EMC2008 Volume 1 Instrumentation and Methods.[Springer,(2008)]T. Kiguchi, N. Wakiya, K. Shinozaki and T.J. Konno
    ISBN978-3-540-85154-7


    全件表示
    主要論文

    Interface Structure of Pb(Zr,Ti)O3/MgO(001) Epitaxial Thin Film in Early Stage of Stranski-Krastanov Growth Mode.[Jpn. J. Appl. Phys.,58,(2019),SLLA08-1-SLLA08-10]Takanori Kiguchi, Yumiko Kodama, Takumi Shimizu2, Takahisa Shiraishi, Naoki Wakiya, and Toyohiko J. Konno
    10.7567/1347-4065/ab3b13


    Domain orientation relationship of orthorhombic and coexisting monoclinic phases of YO1.5-doped HfO2 epitaxial thin films.[Japanese Journal of Applied Physics,57(11S),(2018),11UF16-1-11UF16-7]Takanori Kiguchi, Takahisa Shiraishi, Takao Shimizu, Hiroshi Funakubo, and Toyohiko J. Konno
    10.7567/JJAP.57.11UF16


    Strain-induced nanostructure of Pb(Mg1/3Nb2/3)O3–PbTiO3 on SrTiO3 epitaxial thin films with low PbTiO3 concentration.[Japanese Journal of Applied Physics,56(10),(2017),10PB12-1-10PB12-7]Takanori Kiguchi, Cangyu Fan, Takahisa Shiraishi, Toyohiko J. Konno
    10.7567/JJAP.56.10PB12
    http://gateway.isiknowledge.com/gateway/Gateway.cgi?&GWVersion=2&SrcAuth=TohokuUniv&SrcApp=TohokuUniv&DestLinkType=FullRecord&KeyUT=WOS:000413800800014&DestApp=WOS


    Structural and Compositional Modulation in Transformation of LPSO Structure in Mg97Zn1Y2 Cast Alloys.[Materials Transation,54(5),(2013),668-674]Takanori Kiguchi, Yu Ninomiya, Kensuke Shimmi, Kazuhisa Sato, and Toyohiko J. Konno
    10.2320/matertrans.MI201221


    Solid State Epitaxy of (Hf,Zr)O2 Thin Films with Orthorhombic Phase.[Journal of Ceramics Society Japan,124(6),(2016),689-693]Takanori Kiguchi, Shogo Nakamura, Akihiro Akama, Takahisa Shiraishi, and Toyohiko J. Konno
    10.2109/jcersj2.16073


    全件表示
    主要総説・解説記事

    整合界面をもつ強誘電体薄膜のドメイン構造形成に及ぼす局所弾性場の影響.[まてりあ,57(3), (2018), 97-105]木口賢紀、舟窪浩、今野豊彦
    10.2320/materia.57.97


    非弾性散乱電子による厚いGaN結晶中の貫通転位の観察.[まてりあ,57(12), (2018), 615]木口賢紀,白石貴久,今野豊彦,谷川智之
    10.2320/materia.57.615


    酸化ハフニウム基強誘電体の基礎特性の解明.[応用物理,87(12), (2018), 921-925]舟窪浩, 三村和仙, 清水荘雄, 木口賢紀


    電子セラミックスのキャラクタリゼーション.[工業材料,66(12), (2018), 35-42]木口賢紀


    Mg合金におけるシンクロ型長周期積層構造の拡散-変位型変態.[日本顕微鏡学会 顕微鏡,50(2), (2015), 131-136]木口賢紀, 佐藤和久, 今野豊彦


    全件表示
    学術関係受賞
    • 日本金属学会第70回金属組織写真賞優秀賞 透過電子顕微鏡部門(2020)
    • 八洲奨励賞(2020)
    • 第43回日本セラミックス協会学術写真賞 最優秀賞(2018)
    • 日本金属学会 第62回論文賞 組織部門(2014)
    • 第58回日本セラミックス協会 進歩賞(2004)
    全件表示
    報道
    • 磁性も備え、室温動作マルチフェロイックス新展開へ(その他 新聞 日本経済新聞)(2017)
    • 東工大と東北大など、酸化ハフニウム基強誘電体の基礎特性を解明酸化ハフニウム基強誘電体の基礎特性を解明 ―超高密度で高速動作する不揮発性メモリー実現に道―(その他 新聞 日経プレスリリース)(2016)
    • 東工大と東北大、薄膜でも特性劣化しない強誘電体エピタキシャル膜を作製(その他 新聞 日刊工業新聞)(2015)
    全件表示
    学外の社会活動
    • 日本顕微鏡学会・電子顕微鏡解析技術分科会 電子顕微鏡解析技術フォーラム(講演会・セミナー)(2018)
    • 日本セラミックス協会 電子材料部会 2018年度電子材料入門講座(講演会・セミナー)(2018)
    • 2017年度第1回 東北大学-DOWA 技術者交流会(講演会・セミナー)(2017)
    全件表示
    オープンキャンパス・研究所公開等
      全件表示
      データ更新日
      2020.03.31
      Englishこのページのトップへ
      copyright(c)2005 Tohoku University