研究者紹介
写真



研究紹介

著書論文等全件
氏名
斎藤 倫明
SAITO Michiaki
所属
大学院文学研究科・文学部
言語科学専攻
日本語学講座
国語学分野
職名
教授
生年月
1954.06
学位
博士(文学)
研究分野
  • 日本語学
全件表示
研究課題
  • 語構成 (1981-)
全件表示
研究キーワード
語,語構造,語構成要素,意味
所属学会
  • 日本語学会
  • 日本文法学会
全件表示
学会活動・学会役員
  • 日本語学会・評議員(2003-)
  • 日本語文法学会学会誌・委員長(2007-)
  • 日本語文法学会・評議員(2009-)
全件表示
主要著書

語構成の文法的側面についての研究.[ひつじsと房,(2016)]斎藤倫明
ISBN978-4-89476-809-3


語彙論的語構成論.[ひつじ書房,(2004)]斎藤倫明


現代日本語の語構成論的研究-語における形と意味-.[(1992)]斎藤倫明


講座言語研究の革新と継承2 日本語語彙論Ⅰ.[ひつじ書房,(2016)]斎藤倫明
ISBN978-4-89476-667-9


講座言語研究の革新と継承2 日本語語彙論Ⅱ.[ひつじ書房,(2016)]斎藤倫明
ISBN978-4-89476-668-6


全件表示
主要論文

「連語」の単位性について-「連語」概念に見られる問題点との関わりで-.[文化,81(1/2),(2017),1-19]斎藤倫明


「連語」と「文の成分」-教科研文法の「連語」概念の検討を通して-.[文化,80(1/2),(2016),15-35]斎藤倫明


複合字音語基分類再考-「語種」の観点からー.[日本語研究とその可能性(開拓社),(2015),52-79]斎藤倫明


複合字音語基用言類の下位分類-漢語動名詞との関わりで-.[東北大学文学研究科研究年報,(63),(2014),149-177]斎藤倫明


拘束形式の複合字音語基の位置づけに関して-従来の複合字音語基分類との関わりで-.[東北大学文学研究科研究年報,(62),(2013),107-139]斎藤倫明


全件表示
報道
  • ウォッチン宮城(出演・執筆 テレビ 東北放送)(2009)
全件表示
学外の社会活動
  • 財団法人仙台国際交流協会主催日本語教師ボランティア育成講座(講演会・セミナー)(2003-2009)
全件表示
オープンキャンパス・研究所公開等
    全件表示
    ホームページ
    http://www2.sal.tohoku.ac.jp/kokugogaku/
    データ更新日
    2018.01.30
    Englishこのページのトップへ
    copyright(c)2005 Tohoku University