研究者紹介
写真



研究紹介

著書論文等全件
氏名
木村 憲彰
KIMURA Noriaki
所属
大学院理学研究科・理学部
物理学専攻
電子物理学講座
極低温量子物理分野
職名
准教授
学位
博士(理学)
研究分野
  • 物性II
全件表示
研究課題
  • 反転対称性のない超伝導の研究 (2004)
  • 強相関伝導系物質の純良単結晶育成と電子構造の圧力効果 (1997)
  • 希土類・アクチノイド化合物の低温電子物性 (1997)
全件表示
研究キーワード
強相関電子系,量子臨界現象,異方的超伝導,反転対称性のない超伝導
所属学会
  • 日本物理学会
全件表示
学会活動・学会役員
    全件表示
    主要著書

    Non-Centrosymmetric Superconductors.[Springer,(2012)]E. Bauer, M. Sigrist, N. Kimura, I. Bonalde, et al.
    ISBN978-3-642-24623-4


    全件表示
    主要論文

    Extremely high upper critical magnetic field of the noncentrosymmetric heavy fermion superconductor CeRhSi3.[Physical Review Letters,98(19),(2007),197001-]N. Kimura, K. Ito, H. Aoki, S. Uji, T. Terashima


    Pressure-induced superconductivity in noncentrosymmetric heavy-fermion CeRhSi3.[Physical Review Letters,95(24),(2005),047004-1-4]N. Kimura, K. Ito, K. Saitoh, Y. Umeda, H. Aoki, T. Terashima


    de Haas-van Alphen effect in ZrZn2 under pressure: Crossover between two magnetic states.[Physical Review Letters,92(19),(2004),197002-]N. Kimura, M. Endo, T. Isshiki, S. Minagawa, A. Ochiai, H. Aoki, T. Terashima, S. Uji, T. Matsumoto, G. G. Lonzarich


    Observation of a Main Fermi Surface in UPt3 Studied by de Haas-van Alphen Effect.[Japan Journal of Applied Physisc Series 11 Series 11,(1999),41-43]N. Kimura, T. Komatsubara, D. Aoki, Y. Onuki, Y. Haga, E. Yamamoto, S. Uji, H. Aoki, H. Harima


    Magnetoresistance and de Haas-van Alphen Effect in UPt3.[J. Phys. Soc. Jpn,64,(1995),3881-3889]N. Kimura, R. Settai, Y. Onuki, H. Toshima, E. Yamamoto, K. Maezawa, H. Aoki, H. Harima


    全件表示
    主要総説・解説記事

    全件表示
    学術関係受賞
    • 第8回森田記念賞(2012)
    • 平成20年度科学技術分野の文部科学大臣表彰若手科学者賞(2008)
    • 日本物理学会若手奨励賞(2007)
    • 原田研究奨励賞(2002)
    • 井上研究奨励賞(1998)
    全件表示
    学外の社会活動
      全件表示
      オープンキャンパス・研究所公開等
        全件表示
        データ更新日
        2018.09.05
        Englishこのページのトップへ
        copyright(c)2005 Tohoku University