研究者紹介
写真



研究紹介

著書論文等全件
氏名
田代 学
TASHIRO Manabu
所属
サイクロトロン・ラジオアイソトープセンター
サイクロトロン核医学研究部
大学院担当
大学院医学系研究科・医学部
医科学専攻

職名
教授
サイクロトロン・ラジオアイソトープセンター 副センター長
学位
博士(医学)
研究分野
  • 放射線科学(核医学)
  • 精神神経科学(精神薬理学)
  • 薬理学一般(臨床薬理学)
全件表示
研究課題
  • 薬物とくに抗ヒスタミン薬の副作用に関する分子イメージング研究 (2001)
  • がん患者の心理とQOLの客観的評価法の開発 (1997)
  • 全身運動による脳活動変化の研究 (1996)
全件表示
研究キーワード
ポジトロン断層法(PET)、分子イメージング、機能イメージング
所属学会
  • 日本核医学会
  • 日本臨床薬理学会
  • 欧州核医学会
全件表示
学会活動・学会役員
  • 日本核医学会・監事(2013-)
  • 日本核医学会・編集委員(2011-)
  • 日本ヒスタミン学会・幹事(2011-)
全件表示
主要著書

PET Studies of Brain Metabolism in Exercise Research. IN: Functional Neuroimaging in Exercise Sciences.[Springer Science+Business Media New York,(2012)]Tashiro M, Fujimoto T, Masud MM, Khondkar S, Watanuki S, Yanai K, Itoh M, Ishii K.


The promise of nano-bio-imaging with positron emission tomography and radiopharmeceuticals. IN: Nano-Biomedical Engineering 2011.[(2011)]Tashiro M and Yanai K.


PETにおける神経伝達機能イメージング. IN: PET研究と臨床の進歩(がん、脳).[財団法人脳神経疾患研究所,(2005)]田代 学,谷内一彦


がん診療における心の医学とイメージング. IN: ハイテクがん診療の最前線.[株式会社 先端機能画像医療研究センター(CAFI),(2004)]田代 学


PET    IN: 理学療法MOOK 脳科学と理学療法.[三輪書店,(2009)]藤本敏彦、田代 学、伊藤正敏


全件表示
主要論文

Central effects of fexofenadine and cetirizine: measurement of psychomotor performance, subjective sleepiness, and brain histamine H1-receptor occupancy using 11C-doxepin positron emission tomography..[J Clin Pharmacol.,44(8),(2004),890-900]Tashiro M, Sakurada Y, Iwabuchi K, Mochizuki H, Kato M, Aoki M, Funaki Y, Itoh M, Iwata R, Wong DF, Yanai K.


Increased Brain Histamine H1 Receptor Binding in Patients with Anorexia Nervosa..[Biol Psychiatry.,(2008)]Yoshizawa M, Tashiro M (Equally Contributing First Authors),Fukudo S, Yanai K, Utsumi A, Kano M, Karahasi M, Endo Y, Morishita J, Sato Y, Adachi M, Itoh M, Hongo M.


Effects of a sedative antihistamine, D-chlorpheniramine, on regional cerebral perfusion and performance during simulated car driving..[Hum Psychopharmacol.,23(2),(2008),139-150]Tashiro M, Sakurada Y (equally-contributing first authors), Mochizuki H, Horikawa E, Maruyama M, Okamura N, Watanuki S, Arai H, Itoh M, Yanai K.


Whole-body Metabolic Map with Positron Emission Tomography of a Man After Running.[The Lancet,348,(1996),266-]TASHIRO Manabu, et al.


Phychological Response and Survival in Breast Cancer.[The Lancet,355,(2000),405-406]TASHIRO Manabu


全件表示
主要総説・解説記事

Neuroimaging in the sport sciences using positron emission tomography..[Methods, (2008)]Tashiro M, Fujimoto T, Masud MM, Yanai K, Itoh M.


The physiological and pathophysiological roles of neuronal histamine: An insight from human positron emission tomography studies..[Pharmacol Ther.,113, (2007), 1-15]Yanai K, Tashiro M.


Impacts of neuroimaging on psycho-oncology.[Psychooncology,13, (2004), 486-489]Tashiro M.


PETを用いたヒトの精神・神経薬理学的研究.[東北医学会雑誌,114(1), (2002), 58-61]田代学


心身の活動と健康生成に関するイメージング研究.[Isotope News,685, (2011), 2-7]田代 学


全件表示
学術関係受賞
  • 日本核医学会賞(2008)
  • 臨床薬理研究振興財団賞 学術奨励賞(学会賞)(2009)
  • 日本核医学会研究奨励賞(2005)
  • 臨床薬理研究振興財団賞 学術論文賞(2005)
  • 三井住友海上福祉財団賞:交通安全等部門(2009)
全件表示
報道
  • 花粉症・風邪薬に多用 抗ヒスタミン薬の服用で蛇行運転増:東北大グループ(出演・執筆 新聞 東京新聞)(2008)
  • 脳を画像診断、がん患者心のケアに光。不安・抑うつで代謝が低下(出演・執筆 新聞 東京新聞)(2001)
  • 理系白書'09:挑戦のとき.心身の動きを画像に-東北大サイクロトロン核医学研究部准教授・田代学さん.(出演・執筆 新聞 毎日新聞社)(2009)
全件表示
学外の社会活動
  • 福島の小中学生に夏休みの間ゆっくり過ごしてもらおう・たんごサマーキャンプ(ボランティア活動)(2011)
全件表示
データ更新日
2019.04.04
Englishこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University