研究者紹介
写真



著書論文等全件
氏名
松﨑 裕
MATSUZAKI Hiroshi
所属
大学院工学研究科・工学部
土木工学専攻
社会基盤構造学講座
構造設計学分野
職名
助教
学位
博士(工学)
研究分野
  • 構造工学・地震工学・維持管理工学
全件表示
研究課題
  • 構造物の信頼性設計法 (2004-)
  • 橋梁の耐震性評価,耐震設計法 (2010-)
  • 免震橋の安全性評価,設計法 (2013-)
全件表示
研究キーワード
構造工学,地震工学,コンクリート工学
所属学会
  • 土木学会
  • 日本コンクリート工学会
  • 日本地震工学会
全件表示
学会活動・学会役員
  • 土木学会 地震工学委員会 性能に基づく橋梁等構造物の耐震設計法に関する研究小委員会・幹事長(2014-2018)
  • 土木学会 構造工学委員会 構造工学論文集編集小委員会・幹事(2017-2018)
  • 日本道路協会 耐震設計小委員会 部分安全係数設計法WG・幹事(2016-2018)
全件表示
主要著書

Maintenance and Safety of Aging Infrastructure.[CRC Press/Balkema, Taylor & Francis Group,(2014)]Mitsuyoshi Akiyama, Dan M. Frangopol and Hiroshi Matsuzaki
ISBN978-0-203-38628-6


社会インフラ メンテナンス学 Ⅰ総論編 Ⅱ工学編.[(2015)]菊川滋,二羽淳一郎,松﨑裕ほか
ISBN978-4-8106-0858-8


構造工学シリーズ23 土木構造物のライフサイクルマネジメント ~方法論と実例,ガイドライン~.[(2013)]鈴木基行,岩城一郎,松﨑裕ほか
ISBN978-4-8106-0810-6


橋梁の維持管理 実践と方法論.[(2016)]中村光,麻生稔彦,藤山知加子,松﨑裕ほか
ISBN978-4-8106-0921-9


全件表示
主要論文

Life-cycle reliability of RC bridge piers under seismic and airborne chloride hazards.[EARTHQUAKE ENGINEERING & STRUCTURAL DYNAMICS,40(15),(2011),1671-1687]Akiyama, M., Frangopol, D. M. and Matsuzaki, H.
10.1002/eqe.1108
http://gateway.isiknowledge.com/gateway/Gateway.cgi?&GWVersion=2&SrcAuth=TohokuUniv&SrcApp=TohokuUniv&DestLinkType=FullRecord&KeyUT=WOS:000297206300002&DestApp=WOS


Reliability-based capacity design for reinforced concrete bridge structures.[STRUCTURE AND INFRASTRUCTURE ENGINEERING,8(12),(2012),1096-1107]Akiyama, M., Matsuzaki, H., Dang, T. H. and Suzuki, M.
10.1080/15732479.2010.507707
http://gateway.isiknowledge.com/gateway/Gateway.cgi?&GWVersion=2&SrcAuth=TohokuUniv&SrcApp=TohokuUniv&DestLinkType=FullRecord&KeyUT=WOS:000308041700001&DestApp=WOS


Seismic-Resistant Bridge Columns with Ultrahigh-Performance Concrete Segments.[Journal of Bridge Engineering,21(9),(2016),04016049-]Ichikawa, S., Matsuzaki, H., Moustafa, A., ElGawady, M. A. and Kawashima, K.
10.1061/(ASCE)BE.1943-5592.0000898
http://gateway.isiknowledge.com/gateway/Gateway.cgi?&GWVersion=2&SrcAuth=TohokuUniv&SrcApp=TohokuUniv&DestLinkType=FullRecord&KeyUT=WOS:000383158400005&DestApp=WOS


塩害環境下にあるRC橋脚の耐震安全性確保の観点から定めた限界鉄筋腐食量とその耐久設計法に関する確率論的考察.[土木学会論文集E,64(4),(2008),541-559]秋山充良,松﨑裕,佐藤広和,内藤英樹,鈴木基行
10.2208/jsceje.64.541


極大地震動に対する免震支承-RC橋脚系のキャパシティデザインに関する研究.[土木学会論文集A1(構造・地震工学),72(4),(2016),I_708-I_718]小野寺周,松﨑裕,鈴木基行
10.2208/jscejseee.72.I_708


全件表示
主要総説・解説記事

免震化による既存コンクリート構造物の地震時安全性の向上.[日本コンクリート工学会 コンクリート工学,55(2), (2017), 182-188]松﨑裕


検査結果に基づく既設構造物の維持管理計画の不確定性存在下での意思決定.[日本コンクリート工学会 コンクリート工学,53(10), (2015), 925-930]松﨑裕


全件表示
学術関係受賞
  • 第63回構造工学シンポジウム論文賞(2017)
  • 土木学会地震工学論文集論文賞(2016)
  • 第56回構造工学シンポジウム論文賞(2010)
  • 平成21年度土木学会吉田賞(論文部門)(2010)
  • 第31回コンクリート工学講演会年次論文奨励賞(2009)
全件表示
学外の社会活動
  • 科学技術振興機構 サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト 千葉県立千葉東高等学校「安心・安全な国や地域づくりを実現するために、地震災害の軽減策を学ぶ。“橋梁模型の振動実験”および“日比谷の入り江を辿って”」 講師(小中高との連携)(2012)
  • 科学技術振興機構 サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト 千葉県立千葉東高等学校「ペーパーブリッジコンテストと隅田川橋梁群の見学による地震被害の教訓とその軽減策の学習」 講師(小中高との連携)(2011)
  • 東京都大田区 おもしろ理科教室(小中高との連携)(2008-2011)
全件表示
ホームページ
http://design.civil.tohoku.ac.jp/staff/matsuzaki/matsuzaki_j.htm
データ更新日
2017.05.30
Englishこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University