研究者紹介
写真



著書論文等全件
氏名
高橋 信
TAKAHASHI Makoto
所属
大学院工学研究科・工学部
技術社会システム専攻
先端社会工学講座
リスク評価・管理学分野
職名
教授
技術研究組合制御システムセキュリティセンター 東北多賀城本部長
学位
工学博士
研究分野
  • 原子力学(原子力学)
  • その他(計測・制御工学)
  • 知能情報学(知能情報学)
全件表示
研究課題
  • 脳機能イメージングのインタフェース評価への応用 (2004-)
  • 航空管制のヒューマンファクタに関する研究 (2006-)
  • 原子力プラント高経年化対策における情報基盤に関する研究 (2006-2010)
全件表示
研究キーワード
原子力,認知工学,安全,リスクコミュニケーション,マンマシンインタフェース
所属学会
  • 日本原子力学会
  • 計測自動制御学会
  • 人工知能学会
全件表示
学会活動・学会役員
    全件表示
    主要著書

    安全の探究.[ERC出版,(2001)]北村正晴,木村逸郎,他


    全件表示
    主要論文

    機能的磁気共鳴画像を用いた計器操作作業時の脳活動解析.[ヒューマンインタフェース学会論文誌,7(2),(2005),21-28]三浦直樹,渡邊丈夫,高橋 信,川島隆太,北村正晴


    航空運行システムの分散認知的分析に基づくコックピットディスプレイの設計評価手法に関する研究.[ヒューマンインタフェース学会論文誌,9(1),(2007),9-21]狩川大輔、高橋 信、石橋明、北村正晴


    「対話フォーラム」実践による原子力リスク認知構造の解明.[日本原子力学会和文論文誌,6(2),(2007),126-140]八木絵香,高橋 信,北村正晴


    計器監視におけるインタフェースの差異と難易度の関連性解析:機能的MRIを用いた脳機能計測研究.[ヒューマンインタフェース学会論文誌,11(2),(2009),31-39]三浦直樹、高橋 信、川島隆太、北村正晴、若林利男


    Aging and Decision Making Under Uncertainty: Behavioral and Neural Evidence for the Preservation of Decision Making in the Absence of Learning in Old Age.[Neuroimage,52,(2010),1514-1520]Hosseini H, Rostmi M, Yomogida Y, Takahashi M, Tsukiura T, Kawashima R


    全件表示
    主要総説・解説記事

    全件表示
    学術関係受賞
    • 第40回日本原子力学会論文賞(2008)
    全件表示
    学外の社会活動
    • 対話フォーラム(宮城県女川町、青森県六ヶ所村)(その他)(2002-2006)
    • 宮城県防災主幹教諭研修会(講演会・セミナー)(2015)
    • 日本原子力文化振興財団 講師派遣(その他)(2003-)
    全件表示
    外部機関における活動
      全件表示
      行政機関・企業・NPO等参加
        全件表示
        オープンキャンパス・研究所公開等
          全件表示
          データ更新日
          2017.09.11
          Englishこのページのトップへ
          copyright(c)2005 Tohoku University