研究者紹介
写真



著書論文等全件
氏名
山國 徹
YAMAKUNI Tohru
所属
大学院薬学研究科・薬学部
生命薬科学専攻
生命解析学講座
薬理学分野
職名
准教授
生年月
1954.04
研究分野
    全件表示
    研究キーワード
    神経機能再生,天然生理活性物質,中枢神経系の遺伝子ネットワーク
    所属学会
    • 日本薬理学会
    全件表示
    主要論文

    Mechanism of neurotropic action of nobiletin in PC12D cells..[Biochemistry,44,(2005),13683-13691]Nagase, H., Yamakuni, T., Matsuzaki, K., Maruyama, Y., Kasahara, J., Fukunaga, K., Hinohara, Y., Kondo, S., Mimaki, Y., Sashida, Y., Tank, A. W. & Ohizumi, Y.


    Nobiletin, a citrus flavonoid, reverses learning impairment associated with NMDA receptor antagonism by activation of ERK signaling..[J Pharmacol Exp Ther,(2007)]Nakajima, A., Yamakuni, T., Matsuzaki, K., Nakata, N., Onozuka, H., Yokosuka, A., Sashida, Y., Mimaki, Y. and Ohizumi Y.


    Nobiletin and its related flavonoids with CRE-dependent transcription-stimulating and neuritegenic activities..[Biochem. Biophys. Res. Commun.,377,(2005),1330-1336]Nagase, H., Omae, N., Omori, A., Nakagawasai, O., Tadano, T., Yokosuka, A., Sashida, Y., Mimaki, Y., Yamakuni, T. & Ohizumi, Y.


    gamma-Mangostin inhibits ihibitor-kappaB kinase activity amd decreases lipopolysaccharide-induced cyclooxygenase-2 gene expression in C6 glioma cells.[Mol. Pharmacol.,66(3),(2004),667-674]K. Nakatani, T. Yamakuni, N. Kondo, T. Arakawa, K. Oosawa, S. Shimura, H. Inoue, Y. Ohizumi


    全件表示
    主要総説・解説記事

    最近の研究の話題:「PKA/ERK/CREB依存的シグナル伝達経路を活性化する柑橘類フラボノイドnobiletinはアルツハイマー病モデル動物におけるAbeta誘発性記憶障害を改善する」.[応用薬理,70, (2006), 35-39]山國 徹、大泉 康


    最近の研究の話題:新たな創薬のターゲット-新規カテコラミン合成制御因子V-1.[応用薬理,69, (2006), 89-94]山國 徹


    ミニ総説:タイ産マンゴスティーン果実抽出物の有効利用の研究―機能性食品、多機能性化粧品への応用.[応用薬理,70, (2006), 46-51]山國 徹、大泉 康


    神経栄養因子活性を有する天然物の探索とそのターゲット分子の解析.[医学のあゆみ,207, (2003), 46-50]大泉 康、山國 徹、斉藤真也


    ダイオキシン受容体:基礎医学と環境問題との接点.[薬理学雑誌,116, (2000), 51-52]石田行知、山國 徹


    全件表示
    学術関係受賞
      全件表示
      オープンキャンパス・研究所公開等
        全件表示
        メールアドレス
        メールアドレス
        データ更新日
        2008.03.25
        Englishこのページのトップへ
        copyright(c)2005 Tohoku University