研究者紹介
写真



研究紹介

著書論文等全件
氏名
岩田 錬
IWATA Ren
所属
サイクロトロン・ラジオアイソトープセンター
大学院担当
大学院薬学研究科・薬学部
分子薬科学専攻
分子動態解析学講座
分子動態解析学分野

職名
教授
学位
理学博士
理学修士
研究分野
  • 放射線科学(核薬学)
  • 無機化学(放射化学)
全件表示
研究課題
  • 新規放射性薬剤の開発とその標識合成法の自動化および簡便化に関する研究 (1974-)
  • 加速器を用いた放射性核種の製造とライフサイエンスへの応用 (1974-)
全件表示
研究キーワード
放射性薬剤,標識合成,自動合成,PET,サイクロトロン
所属学会
  • 日本核医学会
  • Society of Radiopharmaceutical Sciences
  • Society of Nuclear Medicine
全件表示
学会活動・学会役員
  • Society of Radiopharmaceutical Sciences・理事(2007-)
全件表示
主要著書

新放射化学・放射性医薬品学.[南江堂,(2011)]佐治英郎、前田 稔、小島周二編


非侵襲的・可視化技術ハンドブック.[NTS,(2007)]岩田 錬


薬学生のための臨床化学.[南江堂,(2005)]後藤順一, 片山善章(編集)他


Cancer Imaging: Instrument and Application.[Elsevier,(2008)]Kiichi Ishiwata, Kazuo Kubota, Tadashi Nariai, and Ren Iwata


脳の動態を見る 記憶とその障害の分子機構.[(2001)]谷内 一彦,岩田 錬


全件表示
主要論文

Reactivity of Electrochemically Concentrated Anhydrous [18F]Fluoride for Microfluidic Radiosynthesis of 18F-labeled Compounds..[Appl. Radiat. Isot.,70,(2012),193-199]Wong R., Iwata R., Saiki H., Furumoto S., Ishikawa Y., Ozeki E.


Simple preparation and purification of ethanol-free solutions of 3’-deoxy-3’-[18F]fluorothymidine ([18F]FLT) by means of disposable solid-phase extraction cartridges..[Nucl. Med. Biol.,39,(2012),540-550]Pascali1 C., Bogni A., Fugazza L., Cucchi C., Crispu O., Laera L., Iwata R., Maiocchi G., Crippa F., Bombardieri E.


Electrochemical Concentration of No-carrier-added [18F]Fluoride from [18O]Water in a Disposable Microfluidic Cell for Radiosynthesis of 18F-labeled Radiopharmaceuticals.[Appl. Radiat. Isot.,68,(2010),1703-1708]H. Saiki, R. Iwata, H. Nakanishi, R. Wong, Y. Ishikawa, S. Furumoto, R. Yamahara, K. Sakamoto, E. Ozeki


Synthesis of [11C]interleukin 8 using a cell-free translation system and L-[11C]methionine..[Nucl. Med. Biol.,39,(2012),155-160]Harada R., Furumoto S., Yoshikawa T., Ishikawa Y., Shibuya K., Okamura N., Iwata R., Yanai K.


Application of 28Mg to the kinetic study of Mg uptake by rice plants..[J. Radioanal. Nucl. Chem.,(2012)]Tanoi K., Kobayashi N.I., Saito T., Iwata N., Hirose A., Ohmae Y., Iwata R., Suzuki H., Nakanishi T.M
10.1007/s10967-012-2219-7


全件表示
主要総説・解説記事

18F-標識分子イメージングプローブのマイクロリアクター合成.[日本薬学会 ファルマシア,48, (2012), 637-641]岩田 錬


PET診断用腫瘍イメージングプローブの開発.[日本気管食道科学会会報,61, (2010), 92-96]岩田 錬


18F-イオン濃縮を目的としたPETプローブ合成装置用電気化学的マイクロフローセルの開発.[島津製作所 島津評論,66(1・2), (2009), 13-19]小関英一、斎木秀和、山原 亮、石川洋一、中西博昭、岩田 錬


がん分子イメージングの新展開:腫瘍分子イメージングプローブの開発.[癌と化学療法社 癌と化学療法,35(8), (2008), 1286-1290]岩田 錬


ライフサイエンスのためのアイソトープ測定機器(第五シリーズ)”ライフサイエンスにおけるイメージング”II.PET薬剤の標識技術.[RADIOISOTOPES,55(8), (2006), 473-484]岩田 錬


全件表示
学術関係受賞
  • 日本核医学会賞(1983)
  • 武田科学振興財団研究助成金(1999)
全件表示
外部機関における活動
    全件表示
    行政機関・企業・NPO等参加
      全件表示
      オープンキャンパス・研究所公開等
        全件表示
        メールアドレス
        メールアドレス
        データ更新日
        2015.06.05
        Englishこのページのトップへ
        copyright(c)2005 Tohoku University