研究者紹介
写真



研究紹介

著書論文等全件
氏名
渡辺 正夫
WATANABE Masao
所属
大学院生命科学研究科
分子化学生物学専攻
分子ネットワーク講座
植物分子育種分野
職名
教授
理化学研究所・客員研究員
生年月
1965.05
学位
博士(農学)
研究分野
  • 育種学(植物分子遺伝学)
  • 応用分子細胞生物学(植物分子生物学)
  • 環境農学(植物生殖遺伝学)
全件表示
研究課題
  • アブラナ科植物の自家不和合性の分子遺伝学的解析 (1991-)
  • 高等植物の生殖器官特異的遺伝子の機能解析 (1997-)
  • イネ穂孕期耐冷性分子機構の解明 (2005-)
全件表示
研究キーワード
自家不和合性, アブラナ科植物, 自他識別, 植物生殖システム, 穂孕期耐冷性
所属学会
  • 日本育種学会
  • 日本植物細胞分子生物学会
  • 日本植物生理学
全件表示
学会活動・学会役員
  • 日本植物生理学会・Plant Cell Physiology編集実行委員(2008-2011)
全件表示
主要著書

Self-incompatibility in Flowering Plants - Evolution, Diversity, and Mechanisms.[Springer,(2008)]Watanabe, M., Suzuki, G., and Takayama, S.
ISBN978-3540684855


Biology of Brassica coenospecies.[Elsevier,(1999)]Watanabe, M. and Hinata, K.
ISBN978-0444502780


植物まるかじり叢書(3) 花はなぜ咲くの?.[化学同人,(2008)]渡辺正夫
ISBN978-4759811834


「花」---性と生殖の分子生物学.[学会出版センター,(2001)]渡辺正夫, 高山誠司, 磯貝彰, 日向康吉
ISBN978-4762229664


植物生産農学実験マニュアル.[ソフトサイエンス社,(1995)]渡辺正夫, 鳥山欽哉
ISBN978-4881710678


全件表示
主要論文

Evolution of self-compatibility in Arabidopsis by a mutation in the male specificity gene..[Nature,464,(2010),1342-1346]Tsuchimatsu, T., Suwabe, K., Shimizu-Inatsugi, R., Isokawa, S., Pavlidis, P., Stadler, T., Suzuki, G., Takayama, S., Watanabe, M., and Shimizu, K. K.
10.1038/nature08927


Trans-acting small RNA determines dominance relationships in Brassica self-incompatibility..[Nature,466,(2010),983-986]Tarutani, Y., Shiba, H., Iwano, M., Kakizaki, T., Suzuki, G., Watanabe, M., Isogai, A., and Takayama, S.
10.1038/nature09308


SRK determines the S specificity of stigma in self-incompatible Brassica..[Nature,403,(2000),913-916]Takasaki, T., Hatakeyama, K., Suzuki, G., Watanabe, M., Isogai, A. and Hinata, K.
10.1038/35002628


A membrane-anchored protein kinase involved in Brassica self-incompatibility signaling..[Science,303,(2004),1516-1519]Murase, K., Shiba, H., Iwano, M., Che, F.-S., Watanabe, M., Isogai, A. and Takayama, S.
10.1126/science.1093586


Direct ligand-receptor complex interaction controls Brassica self-incompatibility..[Nature,413,(2001),534-538]Takayama, S., Shimosato, H., Shiba, H., Funato, M., Che, F.-S., Watanabe, M., Iwano, M. and Isogai, A.
10.1038/35097104


全件表示
主要総説・解説記事

Molecular aspects of self-incompatibility in Brassica species..[Plant Cell Physiol.,42, (2001), 560-565]Watanabe, M., Hatakeyama, K., Takada, Y. and Hinata, K.
10.1093/pcp/pce075


Achievement of genetics in plant reproduction research: past decade for coming decade..[Genes Genet. Syst.,85, (2011), 297-310]Suwabe, K., Suzuki, G., and Watanabe, M.


A review of recent progesses on self-incompatiblity in Brassica species..[Breed. Sci.,53, (2003), 199-208]Watanabe, M., Takayama, S., Isogai, A. and Hinta, K.
10.1270/jsbbs.53.199


Molecular biology of self-incompatibility in Brassica species..[Plant Biotech.,16(4), (1999), 263-272]Watanabe, M., Suzuki, G., Hatakeyama, K., Isogai, A. and Hinata, K.


Genomic organization of SLG/SRK region on S locus in Brassica species..[Annal. Bot.,85 (Suppl. A), (2000), 155-160]Watanabe, M., Suzuki, G., Takayama, S., Isogai, A. and Hinata, K.


全件表示
学術関係受賞
  • 第7回(平成22年度)日本学術振興会賞(2011)
  • 2001年(第11回)「日経BP技術賞」大賞(2001)
  • 平成14年度(第1回)日本農学進歩賞(2002)
  • 日本遺伝学会第82回大会Best Papers賞(2011)
  • 第4回インテリジェント・コスモス奨励賞(2005)
全件表示
報道
  • メンデルの法則 優性決める物質を特定 「植物品種改良」も可能(出演・執筆 新聞 河北新報)(2010)
  • 科学者の卵 夏すくすく 「要請講座」終了の19人 最先端の研究に没頭(出演・執筆 新聞 河北新報)(2010)
  • 第7回日本学術振興会賞に25氏、日本の学術研究を担う若き精鋭(出演・執筆 新聞 科学新聞)(2011)
全件表示
学外の社会活動
    全件表示
    外部機関における活動
    • 岩手大学21世紀COEプログラム(2005-2009)
    • 文部科学省・科学技術・学術審議会学術部会(2010-2011)
    全件表示
    行政機関・企業・NPO等参加
    • 文部科学省(国) 科学技術・学術審議会学術部会 科学技術・学術審議会専門委員(2010-2011)
    • 鹿児島県教育委員会(地方公共団体) 鹿児島県SSH重点枠運営指導委員会 委員(2009-2010)
    • 仙台市立七北田小学校(地方公共団体) 学校評議員会 学校評議員(2010-2011)
    全件表示
    オープンキャンパス・研究所公開等
    • 東北大学大学院生命科学研究科オープンラボ(実施)(2009)
    • 東北大学大学院生命科学研究科オープンラボ(実施)(2010)
    • 東北大学大学院生命科学研究科オープンラボ(実施)(2011)
    全件表示
    ホームページ
    http://www.ige.tohoku.ac.jp/prg/watanabe/
    メールアドレス
    メールアドレス
    データ更新日
    2019.10.08
    Englishこのページのトップへ
    copyright(c)2005 Tohoku University