研究者紹介
写真



研究紹介

著書論文等全件
氏名
有本 博一
ARIMOTO Hirokazu
所属
大学院生命科学研究科
分子化学生物学専攻
ケミカルバイオロジー講座
分子情報化学分野
職名
教授
生命科学研究科長 特別補佐
学位
博士
研究分野
    全件表示
    研究課題
    • 選択的オートファジーの研究 (2008-)
    • バンコマイシン耐性菌に効果を示す抗菌性化合物の研究 (1997-)
    • 生物活性天然有機化合物の合成研究 (1994-)
    全件表示
    研究キーワード
    ケミカルバイオロジー,オートファジー,8-ニトロcGMP,バンコマイシン,天然物合成化学
    所属学会
    • 日本化学会
    • 日本ケミカルバイオロジー学会
    • 有機合成化学協会
    全件表示
    学会活動・学会役員
      全件表示
      主要著書

      全件表示
      主要論文

      Endogenous Nitrated Nucleotide Is a Key Mediator of Autophagy and Innate Defense against Bacteria.[Molecular Cell,52,(2013),794-804]Ito, C.; Saito, Y.; Nozawa, T.; Fujii, S.; Sawa, T.; Inoue, H.; Matsunaga, T.; Khan S.; Akashi, S.; Hashimoto, R.; Aikawa, C.; Takahashi, E.; Sagara, H.; Komatsu, M.; Tanaka, K.; Akaike, T.; Nakagawa, I.; Arimoto, H.
      10.1016/j.molcel.2013.10.024


      Synthesis of rigidly-linked vancomycin dimers and their in vivo efficacy against resistant bacteria.[Chem. Commun.2007,2007(3),(2007),251-253]J.Lu, O.Yoshida, S.Hayashi, H.Arimoto


      Asymmetric Total Synthesis of Pinnaic Acid.[Angewandte Chemie International Edition,46(30),(2007),5746-5749]Shu Xu, Hirokazu Arimoto, Daisuke Uemura


      Protein S- guanylation by the biological signal 8-nitroguanosine 3',5'-cyclic monophosphate.[Nature Chemical Biology,3(11),(2007),727-735]Tomohiro Sawa, Mohammad Hasan Zaki, Tatsuya Okamoto, Teruo Akuta, Yoshiko Tokutomi, Shokei Kim-Mitsuyama, Hideshi Ihara, Akira Kobayashi, Masayuki Yamamoto, Shigemoto Fujii, Hirokazu Arimoto & Takaaki Akaike


      Elucidation of the active conformation of vancomycin dimers with antibacterial activity against vancomycin-resistant bacteria.[Chemistry-A European Journal,18(40),(2012),12681-12689]Jun Nakamura, Hidemori Yamashiro, Sayaka Hayashi, Mami Yamamoto, Kenji Miura, Shu Xu, Takayuki DOi, Hideki Maki, Osamu Yoshida, Hirokazu Arimoto
      10.1002/chem.201201211


      全件表示
      主要総説・解説記事

      ニトロ化ヌクレオチドは細菌に対する選択的なオートファジーにおける内因性の誘導因子である.[ライフサイエンス 新着論文レビュー, (2013)]伊藤千秋,斉藤洋平,有本博一


      全件表示
      学術関係受賞
      • 第32回 日本化学会学術賞(2015)
      全件表示
      報道
      • 細胞侵入細菌に結合 目印役の分子発見(その他 新聞 河北新報)(2013)
      • 細菌の排除メカニズムを解明(その他 新聞 毎日新聞)(2013)
      • 細胞内で異物にとりつく分子(出演・執筆 新聞 朝日新聞)(2013)
      全件表示
      ホームページ
      http://www.agri.tohoku.ac.jp/bunseki/ArimotoGroup.html
      データ更新日
      2019.06.22
      Englishこのページのトップへ
      copyright(c)2005 Tohoku University